ワキガ対策

脇には3つの分泌腺があります。

まずは、上のイラストをご覧ください、。これは、人の脇の図と思ってください。ここにエクリン汗腺とアポクリン汗腺と皮脂腺と書いていると思いますが、この3つが汗として分泌されます。
この3つの汗が絡まりあってワキガのニオイを発生させています。

 

それぞれの汗腺について説明します。

まず初めはエクリン汗腺は体の表面の殆どに分布されています。一般的に汗をかくと言えばこのエクリン汗腺から出てきたものを指しています。
このエクリン汗腺はひとによって多い少ないがありますが、少ない人で200万個、多い人で500万個もあります。平均で350万個程度分布されています。
エクリン汗腺は、皮膚の表面から1〜3mm程度の所にあり、大きさ自体は約60〜80ミクロンという大きさで、肉眼では見てとらえる事が出来ません。その為「小汗腺」と呼ばれることがあります。
汗の成分も99%以上が水分で、ごく少量でナトリウムや塩素、カリウムやカルシウムfが含まれています。
役目としては運動をして体温が上がった時に。汗をかくことによってその汗が蒸発する際に、熱を奪っていきます。そこで、上がった体温を下げてくれる役目があります。
この汗の特徴は殆どが水分の為サラサラです一日に大体2リットルくらい汗として体外へ排出されます。

 

2つ目はアポクリン汗腺は限られた部分にしか分布されていません。ほとんどはわきの下にありますが、残りはごく少量で乳輪、へその周辺、外耳道、外陰部、肛門周囲などに存在しています。
このアポクリン汗腺は人種によっても大きく違いますし、個人差がとても大きく差がある汗腺です。
大きさはエクリン汗腺の何十倍もの大きさがあり「大汗腺」と呼ばれることがあります。この汗腺は毛穴と結びついていて毛穴から分泌されます。
一般的には白人や黒人の人に多く日本人や韓国人、中国人には少ないと言われています。
アポクリン汗腺の成分は、塩分は非常に少なく、たんぱく質、アンモニア、脂質、糖質、鉄分、蛍光物質、色素などたくさんの成分が含まれています。
特徴としては粘り気のある汗で、べたーっとします。発汗の仕方も独特で、一度分泌すると24時間休止してしまうという変わった働きをします。
こちらの汗も分泌された時は無臭です。

 

3つ目は皮脂腺はワックスエステル、トリグリセリド、脂肪酸などから構成され、汗などの水分と混合することで乳化し、表面脂肪酸を構成し皮表を保護しています。
皮脂と呼ばれる脂肪とエクリン汗腺の水分と混ざり皮膚の表面を保湿する役目があります。
ただしこの機能が活発に働きすぎると、脂性となりニキビが出来たりします。
顔のTゾーンがべたついていたり、顔全体がテカテカの場合はこの皮脂腺が働きすぎています。逆に、この皮脂腺の活動があまり活発ではないと乾燥肌になっちゃいます。
この皮脂腺も毛穴と結びついて毛穴から分泌されます。

 

ワキガと汗の関係性

ワキガと汗の関係性を知ればどのようにしてワキガのあの匂いが発生するのかが分かります。それが分かれば、どのようにしたらワキガの対策が出来るのかもわかってきます。
では、それぞれの汗腺からの汗について書きましたがそれぞれ単独の汗だとすぐには匂いが発生しません。でも、この3つの汗が複雑に絡み合うとあのワキガのニオイが発生します。
この3つの汗腺の中でワキガのニオイの中心になるのは「アポクリン汗腺」です。この汗が肌にいる常在菌によって分解されることによってあの強烈な匂いを発します。
また、皮脂腺も同じく脂肪の成分が分解されて脂肪酸などに変化します。この脂肪酸は加齢臭などの匂いの原因にもなっています。この匂いが先ほどのアポクリン汗腺から分解された匂いと混ざると何とも言えないような匂いへと変化します。

 

それにエクリン汗腺の汗が混ざることによって、水分が多いため広範囲に広がり、熱を奪って蒸発する時に、ワキガの匂いも蒸発してニオイが広範囲に拡散されます。
多汗症=汗臭いと思われますが、そうではありません。多汗症のあせは、ほとんどがエクリン汗腺の汗です。そこにアポクリン汗腺が活発な人はエクリン汗腺からでた大量の汗で匂いの拡散がもっと大きくなります。
では、全員ワキガの匂いがするのかといえばある程度匂いを発しているのですが、許容範囲内かそうでないかを鼻で匂いを嗅いだ時に脳が判断します。その脳の判断が不快と感じる場合は拒絶しますし、場合によっては脳がその匂いをフェロモンとしてとらえる場合もありますが、現代の日本ではほとんどがこのような匂いを不快と脳が判断するようになっています。

 

また、汗は体から分泌されるものですがでは体内から分泌されと言う事は、体内に入った食べ物や飲み物が消化されてその成分で構成されています。じゃあ食べるものも気をつけなければなりませんが、その事は対策方法で詳しく書こうと思います。

不潔だからワキガになるの?

常在菌アポクリン汗腺や皮脂腺から出た汗や皮脂を分解することによってニオイが発生すると書きましたが、では不潔だからそういった菌が多くなってワキガの匂いが発生すると思われるかもしれません。
この常在菌を極力なくすことによって、分解もされないので匂いが発生しないと思って、例えばエタノール等のアルコールj消毒を頻繁にしていたらどうでしょう。常在菌は肌の調子を整えてくれる役割もあります。その常在菌をエタノールで死滅させてしまうと肌の調子を整える役割が出来なくなるので、肌にとって良くありません。
顔にも、顔ダニというダニが生息していますが、この顔ダニも顔にある老廃物などを食べてくれる事によって顔のお肌の調子を整えてくれます。この顔ダニもエタノールで殺菌してしまうと、いなくなってしまいます。しかし、顔ダニがいなくなることで顔にある老廃物がそのまま顔に残り続ける事によって、肌荒れが酷くなったり吹き出物ができたりします。
手洗いをする際に、アルコール消毒を頻繁にしている人などは、肌が弱い人は段々肌かカサカサになったり、場合によってはひび割れを起す人もいると思いますが、まさにそれがワキや顔でも同じことがおこると思ってください。

 

だから、この常在菌を殺菌しようとエタノールなどで消毒をしないでください。もしも、デオドラント商品で殺菌成分が強い物などをお頻繁に使っている方はその使用を控えたほうが良いと思います。
わたしも、最初は清潔にしなければと思い、エタノールとまではいきませんがエタノールの成分が含めれている殺菌作用の強い物を使用していましたが、本を見て勉強したことによって使用を控える事にしました。

 

ワキガではない人でもこのようにエタノールで消毒や殺菌をしている人がいれば、そういったエタノールなどでのケアは控えた方が良いよってアドバイスをしてあげて下さい。

 

ここでは、汗の種類とその汗がどのように混ざり合う事によってワキガになるのかをかきましたが、これでワキガになるメカニズムが分かることによってではどうした対策をとったらワキガの匂いを軽減できるのかが見えてきます。
日々の生活でも注しなければならないポイントが抑える事が出来るようになります。


page top