ワキガ完治

完治=(イコール)無臭と思わないほうが良いです

ワキガを完治させて匂いをなくしたいと思う人もいると思います。というかほとんどの人はワキガで悩まされているので無くしたいと思います。わたしもそうでした。
しかし、ワキガの匂いを完璧に無くすことってほぼ不可能みたいです。ワキガ手術の事で書いていきますが、手術で切開してアポクリン汗腺を一つずつ肉眼で確認しながらお医者さんに取ってもらう事も出来ますが、わきの下に傷跡が出来たり、場合によっては突っ張った感覚が残ったりします。
それは、それで嫌じゃないですか。せっかくワキガの匂いが無くなったとしても、傷跡が目立ったり、違和感を感じたら。

 

誰もが気付かない程度の体臭は持っている

誰もが体臭というものは持っているのですが、それを全くの無臭にする事を完治と考えるのではなく、他の人と同じぐらいに匂いが気付くことが無いレベルまで軽減することをゴールと考えて下さい。

 

あまりにも、完璧に無臭を目指そうとするかも知れませんが、完璧を目指す余りに無臭にすることが難しいと知った時にとても落ち込んじゃったり、悲しい気持ちになります。そこで、完治というよりも、軽減や改善という風に考えてもらった方が気持ち的にもラクになると思います。

 

完璧を目指そうと思うと手術をオススメ

完璧にワキガの匂いを消そうと思えば手術が必要になりますが、手術も様々な方法がありますが手術跡が結構残る手術を行わなければなりません。
そこまでしなくても、ワキガの匂いは抑えられると思いますし、超音波治療の場合は6割から7割今の匂いから軽減できるので、普通の人と同じくらいの大衆レベルに抑える事が出来ます。
それでも、どうにかして自分の匂いを抑えたいと強く思う人は「自己臭恐怖症」という、心の病に侵されているかもしれません。
自分の匂いが他人に感づかれることがもう、怖くなっちゃって思いつめている状態です。

 

そういった場合は、まずは心療内科などでカウンセリング」を受ける事をお勧めします。
自分自身のココロが限界ですよって危険信号を発しているので、そのココロの声を聴いてあげて下さい。

 

そうしなと、もしも、ワキガの手術を受けるにしても受ける必要のない軽度の人も結構いるみたいです。
大体、2割から3割の人は手術が必要なほどの重度なワキガ体質な人ではないみたいです。
だから、手術を受けようとクリニックに行ってまずは問診をしてもらいます。

 

問診の際に本当にワキガなのか病院の先生に恥ずかしいですけど脇の匂いをかがれます。
その時に手術の必要が無ければ「必要ありません」と言われます。

 

その先生の言葉も受け入れる事が出来なくなっている人もいますので、そういった自己臭恐怖症にならないように気を付けて下さい。

page top